梨状筋症候群による痛み

これは最近の患者さんの症例なのですが、股関節が痛いと訴えて来院されました。痛みのポイントを確認すると梨状筋が全体的に硬くなっていました。そのため、太もものうしろまでときどき痛みがでるとのことでした。

 

この痛みは坐骨神経痛の症状であり、梨状筋症候群の特徴的な痛みのひとつです。梨状筋はお尻の真ん中を横に走っている筋肉で股関節に付着しています。そして、梨状筋の下を腰の神経の束である坐骨神経が走っています。さらに筋肉疲労がたまって、お尻の中央にコリが発生すると坐骨神経が圧迫を受け、さらに股関節まで引っ張られて痛みがでてしまいます。

 

ただ、原因がわかってしまえば難しい施術ではなく、お尻の筋肉を徹底してほぐせばいいのです。そして骨盤と腰椎の歪みに適切な矯正をほどこすことにより良好な状態になります。

 

ここでひとつ注意を払わなければいけないことは、お尻の筋肉は厚さがあるので指あるいは肘に一定の圧をかけて、症状を確認しながらもみほぐさなければなりません。この圧を適当に考えてしまうと梨状筋症候群の特徴を見過ごしてしまいます。