赤ちゃんと腰痛

どうして人の赤ちゃんは未熟で生まれるのでしょうか?
疑問に思ったことはありませんか!
直立二足歩行により脳が大きくなってしまった為、その影響で出産しやすいように未熟児になってしまったのです。 

 

ほとんどの哺乳類(犬、猫、虎、馬etc.)は、生後すぐに立ちあがることができます。
人間は立ちあがるのに一年位かかります。身体も脳も未熟なまま生まれるからです。これを医学用語で「生理的早産」と言います。


なぜそのようになったかと言うと直立二足歩行だと手や腕が自由に動かせるようになり、その為に脳が発達するからです。

 

しかし、直立歩行することにより骨盤は狭くなり、子供が十分に成長しないまま出産しなければならない構造になっていきました。そのために人間の身体にはいろいろな不都合が出て来たのです。小さく産んで大きく育てるという進化上の戦略になったのです。新生児の脳の容量は385ccくらいです。骨盤の形状からこの大きさが丁度いいのです。

 

しかし、それにより妊娠中の骨盤に胎児の重さが加わり、腰に負担がかかるようになりました。さらに肩こりも発生して妊婦の方を悩ませてきました。

 

当院では出産後の骨盤を矯正して(バキバキしないで)整えることもできます。