妊娠と腰痛

妊娠中の女性には腰痛発生の頻度が高いとの調査結果があります。

 

現に妊娠した女性の半数弱に腰の痛みが出るといわれています。考えられる要因をたどると、妊娠前に腰痛を持っていた。あるいは、すでに妊娠や分娩の経験がある。

 

このような経験をした女性の場合、高い確率で腰痛が出ます。

 

では、なぜ妊娠中の女性に腰痛が出やすいのでしょうか。

 

妊娠すると子宮と胎児の重量が徐々に増して、お腹が前に出てきます。この状況下では体の重心線が少し前に出るので、体はバランスを取ろうとします。

 

すると、無意識に体を後ろに倒すようになり腰の関節に、より負担がかかります。そして、背中の筋肉疲労が加わり腰痛が起こります。

 

さらには、妊娠時には子宮にある黄体組織からリラキシンというホルモンが分泌されます。この分泌は妊娠中続きます。

 

このホルモンの特徴は、関節のじん帯をゆるめる作用を持っていることです。その作用で腰にある大事な関節、仙腸関節にゆるみが出てしまいます。

 

仙腸関節は通常であればしっかりと固定されています。しかし、リラキシンホルモンによって仙腸関節がゆるくなると腰に痛みが出てきます。

 

この一連の現象が、妊娠時腰痛の主たる原因と考えられます。

 

当院ではこのような痛み発生のプロセスを踏まえて、妊婦の方の負担を軽くする体位(横向き)を取っていただき、軽い筋肉のほぐしと適切な矯正で仙腸関節の位置異常を改善します。